MENU

頭皮を健康にするために確認したい汚れ

頭皮の汚れがたまっていたり、落ちていない状態では美容成分も、育毛成分も浸透していきません。

 

女性は男性よりも頭皮の汚れがあまりないような感じがすると思われますが、頭皮に汚れが残っている状態だと
どんなに効果のある育毛剤や頭皮の改善するような商品をつかって頭皮ケアをしても、期待する効果が半減してしまいます。

 

そして、頭皮の汚れが貯まってくると自分では気が付かないうちに、においを放ってしまいます。
仕事や育児が忙しかったり、どうしても髪の毛を洗えないタイミングがあったならば、誰かに自分は臭いと思われているのではないかと
気にする方も多いんですよ。

 

だからこそ、頭皮の汚れに対しては、しっかりケアしていきたいんですよね。

 

このページでは女性の頭皮の汚れの原因を特集していきたいと思います。

頭皮の汚れの原因は一つではない

女性の頭皮の汚れで思いつくものは、まずは皮脂や排気ガスなどの空気の汚れなどがあげられます。
そうしたうえで、皮膚のターンオーバーの一環で現れるフケや皮脂は、女性ホルモンの影響で季節的にも、時間的にも、周期的にも
分泌されやすいときもあるんです。
整髪料やシャンプーのすすぎ残しなどもそういった要因に加わるし、それらがさらなる悪循環を引き起こしたりもするんですね。

 

頭皮の汚れの一つ、皮脂が過剰分泌される原因

さきほども少し語ったように、女性は通常時よりも頭皮の皮脂が過剰に分泌されることもあるんです。
では、どういった時に頭皮の皮脂の過剰分泌は起こるのでしょうか。

  1. 偏った食生活によって、ターンオーバーが狂う
  2. 糖分や脂質の取りすぎによって、中性脂肪が増えることに原因
  3. 運動不足やストレスの増加による血行不良
  4. シャンプーやコンディショナーの洗い残し
  5. カラーリングやパーマなどの頭皮にダメージを与えやすい行為
  6. 洗浄能力の強すぎるシャンプー

 

このようなものがあげられます。

 

また頭皮から出てくる皮脂というのは、体の中で中性脂肪などが多いほど、体外に排出されやすい傾向にあります。

 

つまり、脂肪のもとになる糖質や脂質を普段から多く摂取していると、頭皮がべとべとしているというわけなんです。
よく太っている方は汗をよくかくイメージがありませんか?

 

これはそういった理由があるからなんですね。

 

また肌のサイクルを乱しているということも、皮脂の分泌を加速させて頭皮や髪の毛をべとつかせることにもつながります。
顔にしても頭皮にしても、私たちの肌というのは夜の寝ている状態の時に新しい肌を生み出すサイクルは行われているんです。
この正しい肌サイクルを理解せずに、夜の頭皮ケアやシャンプーを行わないで、
朝している場合は、その行為自体が頭皮の皮脂をより分泌させる原因となっている可能性があるんです。

 

 

傾向としては、体の中からの原因と、毛穴のつまりや洗い残しなどの要因、正しいと思っている頭皮ケアがかえって、必要以上の皮脂を洗い流してしまうことによっての
過剰分泌などに分類することができるんです。

 

頭皮の汚れやにおいの対策

一般に頭皮の汚れやにおいを何とかしようと思ったら、まずはシャンプーを正しい方法で行っているのか。
そして正しいシャンプー選びができているのかをチェックしなくてはなりません。

 

まずはそのあたりから見ていきましょう。
その後、このサイトでもおすすめしている頭皮クレンジングも特集しようと思います。

 

正しいシャンプーの方法

今更シャンプーの方法なんて知っているよと多くの方が言われるかもしれませんが、
シャンプーを適当にすることで、汚れが残ったり、においの原因となったりするんです。
なので今一度正しいシャンプーの方法を見てみましょう。

 

まずはシャンプー前に髪の毛をくしやブラシで軽くとかすことが必要です。
これはブラッシングしておかないと、シャンプーする際に髪の毛が絡まって
その結果髪の毛を引っ張ってしまったり、洗い残しの部分が出てきてしまう可能性がアップします。

 

次に頭皮に対してシャワーなどで濡らしていきます。スタイリング剤やその日の汚れが激しい場合も
指の腹を使って頭皮と髪の毛を余洗いしていきます。

 

通常の汚れの場合は、この余洗いでほとんどの髪の毛と地肌の汚れが落ちるといわれています。

 

そのあとようやく、髪の毛の量に応じてシャンプーを適量出すのですが、
余洗いが終わって髪の毛に水分が大量に残っていてはシャンプーが流されてしまうので
ある程度水分を切っておく必要があります。

 

水分をきってからシャンプーを掌で泡立てていきます。
よく髪の毛を利用して泡立てたりする方がおられますが、
髪の毛自体がダメージを与えてしまいます!!

 

髪の毛にダメージを与えながら、なかなか泡立たないので無理に洗うことでさらにダメージへと
つながる悪影響。

 

なので、ある程度手のひらで泡立てて、髪の毛同士を摩擦しないようにやさしく頭皮の汚れを
洗うイメージで洗ってください。

 

指にネイルをしていたり、爪が伸びている場合は、シャンプーブラシなどで洗うと便利です。
頭皮の毛穴の汚れを洗うのと同時に、マッサージすることで血行もよくなって
頭皮環境もいい状態へとなっていくんですね。

 

すすぐときはシャンプーヘッドを頭皮に直接つけるくらい近い距離であてることで
すすぎ残しを防ぐことにもつながります。

 

毛穴に汚れが残ったままだと、皮脂や汚れで毛穴がふさがり、髪の毛がストレートの方でも
くせっ毛の原因にもなってしまいます。

 

また嫌なにおいの原因にもなるので、洗い残しには注意しましょうね!