MENU

なぜ白髪になるの?どうしたらいい?

白髪の原因は多岐にわたります。すべてが解明されているわけではなく、
現在も研究が進められています。

 

主な原因としてあげられるのは色素細胞であるメラノサイトの機能が
低下するためです。
つまり、老化によりメラニンを活性化させる働きが弱まったり
停止してしまったりすることが原因となります。

 

しかし、白髪は老化だけではなく、遺伝的要因やストレス、
栄養にも関係していると考えられています。
10代や20代でも白髪があるかたは、
栄養面を気にしたほうがいいと考えられます。

 

髪はたんぱく質で構成されていますので、たんぱく質が不足すると
髪を黒くする栄養素も不足してしまうため白髪に繋がりやすいと考えられています。

 

メラニン色素の生成に深く関係しているのは銅ですが、
細胞に酸素を運ぶ役割のある鉄や、たんぱく質と脂質、
糖質の代謝にかかわる亜鉛、メラノサイトの活性化に必要な
カルシウムが不足すると、白髪になると言われています。

 

また、自分の髪質や地肌に合わないヘアケアや、
頻繁なカラーリングなどは特に女性の場合は髪の健康にダメージを与えます。

 

他にも自律神経やホルモンバランス、睡眠不足や食生活などの
生活習慣も大きくかかわってくると言われていますので、
栄養はまんべんなく摂取するようにしましょう。

 

無理なダイエットは髪に栄養が行き渡らないため、
白髪になる可能性も高いです。また、頭皮の血行を良くすることも大切です。
頭皮の血行が良く成ればメラノサイトも活性化しますので、
白髪が生えにくくなります。

 

ただし血行をよくしてもすぐに結果は出ませんので、
継続的に頭皮マッサージをしていくことが大切です。

 

他にも紫外線による影響などがあります。紫外線による頭皮のダメージが
白髪になることもあります。加齢や遺伝的要因は仕方のないことですが、
なるべくたんぱく質の多い食事を心がけ、
メラノサイトを活性化させていくことで予防ができます。

 

また、髪に優しい白髪染めのアイテムを使って目立ちにくくするのも
ひとつの方法となります。また、白髪は30代、
40代で悩む人も多くなっていると言われています。

 

これは加齢ではなく、男女ともに働き盛りであるため、家事や育児、
仕事などのストレスが原因となっている場合もあります。
そのため、定期的に気分をリフレッシュさせることが必要となります。
女性はホルモンも関係してくるので、ホルモンに似た働きのある大豆も摂取すると髪だけではなく体の健康にもつながります。