MENU

薄毛の進行を止めるためにも頭皮対策を!

髪の毛の量が少なくて、薄いことで悩んでいる方もいるでしょう。
髪の毛が薄い状態になってしまった原因を探り、改善することで、
薄毛の進行をこれ以上悪化させないことが大切です。

 

髪の毛の抜ける量が増えてしまう原因には、いくつか考えられます。
ストレスや血行不良、栄養の偏りによる栄養不足、
頭皮の皮脂分泌量過剰による毛穴の詰まりなどその他にもさまざまな原因があります。

 

ストレスでは、ホルモンバランスが崩れ、男性ホルモンの量が増加してしまうと
抜け毛が増えるといわれています。

 

そのためできるだけ、ストレスを抱えないように、
適度に気分転換やストレスを発散できる環境を整えることが大切です。

 

また、血行不良の場合には、 頭皮に栄養を運ぶ役割をはたすのが血液です。
その血液の流れが悪いときちんと頭皮の隅々まで栄養が行き渡らず、
頭皮の栄養不足、髪の毛の栄養不足が起こり抜け毛増加につながります。
血行不良の改善では、食事の栄養バランス、また適度な運動により代謝機能向上をすることで、血行を改善していくといいでしょう。

 

食事では、体に必要な栄養を摂取するためには、とても重要といえます。そのため、適当にお腹が満たされることだけを目的として、食事をしていてはいけません。栄養が不足してしまうと頭皮だけの問題ではなく、体調不良や病気になりやすいので、きちんと栄養バランスのとれた食事を心がけることが大切です。
頭皮の毛穴が詰まりやすい場合には、定期的に洗髪をするといいでしょう。洗髪をすることで、余分な皮脂を洗い流す事ができます。また、頭皮についた汗や汚れも落とすことになるので、頭皮を清潔な状態に保つことになるでしょう。
しかし、頭皮に限らず、肌を洗いすぎることは、肌にダメージを与えることがあります。こすりすぎてしまったり、過度に洗いすぎてしまうと肌を保護するための皮脂までも落としてしまうことになるため、肌を守ってくれるバリアの役目を皮脂が果たせなくなります。そのため、適度に洗い流すことが大切です。また、シャンプーなどを使用する場合には、自分の体質にあったものを使用することが大切です。刺激の強すぎるシャンプーでは、肌に合わないこともあり自分の体質に合わないシャンプーを使い続けてしまうと、頭皮にダメージを与えることにもなりかねません。刺激の弱いシャンプーも市販されているので、自分の体質にあったものを探すといいでしょう。
その他にも、育毛剤などを使って、フケを抑え頭の皮膚の状態をよくすることも薄毛対策につながります。

 

頭皮自体が硬いことでほぐすと血行もよくなるという原理は何となくでもわかると思いますが、
逆に言えば、血行が悪いから頭皮が硬いともいえます。

 

髪の毛が細いとか、毛自体がねこっけやくるくると巻いてしまうような場合も、
頭皮からの栄養がしっかりといっていないのでキューティクルがはがれやすかったり
ダメージを蓄積しやすい環境になっていることが考えられます。