MENU

あなたの頭は多汗症?

あなたは人前ですごく緊張して頭皮から汗を一気にかいてしまうという経験がありませんか?

 

それは多汗症かもしれませんよ。正式には頭部多汗症というネーミングなのですが。

 

この多汗症というのは、多くの方が手のひらにかく汗が多いことで認識されることが多いのですが、実は頭皮にも緊張やストレスで大量の汗をかくことがあるんです。
頭部多汗症というのは、頭皮はもちろん、うなじや額などからも汗を流してしまうので、コンプレックスとして認識されやすく、
今までそういった経験はなかった方でも発症することもある汗に関する病気の一つなんです。

 

このページでは、頭皮に関する多汗症にクローズアップして、予防方法、頭皮の汗のメカニズム、注意するポイントなどをまとめているので一緒に見ていきましょう。

 

まずは多汗症とはどういったものなのか確認していきますね。

 

多汗症とは

通常人間の体というのは、体温調節の機能により、汗をコントロールしています。
多汗症とは、普段の生活の中でも支障が出るレベルで発汗してしまう病気と言われています。

 

汗が出るメカニズムは、体の温度が上がりすぎることによって、汗をかき、汗が蒸発する際に皮膚表面の体温を奪う、気化熱の効果を発揮させるということです。

 

体の温度を一定にしようと脳から汗を出すように指令がでて、交感神経を通して汗腺に汗を出させます。
通常の汗というのは、体温調節の意味をもち、温熱性発汗といいます。

 

その一方、緊張したときや過度なプレッシャーを感じた時などは、精神性発汗といい、
この2種類の発汗は、細かく言えば汗をかく場所も異なります。

 

温熱性発汗は全身でおこるのですが、精神性発汗は部分的な汗をかくのです。
多汗症というのは、多くの方が精神性発汗に起因しているんですね。

 

 

 

また、その多汗症にも種類があり、

  • 原発性多汗症
  • 続発性多汗症

 

に分類されます。前者は原因がわからないようなもので、後者は病気や服用している薬などが原因となるものがあります。
治療もそれぞれの原因を探して対処するので、しっかりと見極めることが重要になっていきます。

 

 

多汗症が起きやすい体の部位

多汗症は、体のすべての部位から汗がでるのではなく、出やすい個所というものがあります。

 

それは、脇、足の裏、手のひら、額から頭皮にかけての汗の出る汗腺が密集している部分というところになります。

 

その中でも頭部多汗症は、先ほども説明したように、頭皮やうなじ、額などの頭の部分で多汗症の症状が現れることでも知られているんです。

 

多汗症の基本治療

多汗症になると病院などでの治療となるとどのような施術が行われるのでしょうか。

 

多くの多汗症への治療は、脳からくる指令を交感神経でストップさせる方法というものがメインになります。
アルコールを使った交感神経の麻痺をよぶ方法や、手術などによって交感神経を切除する方法があります。

 

どの部分の多汗症を治療するかで、治療箇所も変わってくるんですね。

 

頭皮の多汗症は?

では、頭皮にクローズアップして多汗症を見ていきましょう。

 

実は頭皮に起こる多汗症というものは、頭部多汗症という名前がついており、体の部分的に汗をかく局所性多汗症の一部だと言われています。

 

 

緊張感やストレスでの頭皮の汗というのは、辛い食べ物を食べた時や、熱い料理で頭に汗をかくのと同じように
急な不快な汗をかく状態をいいます。
しかし、多汗症とまでいかない方も多く、それでも頭皮の汗に悩んでいる方は実は意外に多いんです。

 

頭皮の汗は時間がたつと酸化して、徐々ににおいを発し始めます。
汗の中に雑菌が繁殖して、酸化した汗と雑菌の原因でのにおいなんです。

 

この頭部多汗症というのもまだ現在の研究では原因や対策が解明されていないものでもあります。
しかし、多くは精神的なものが原因だと言われているんですね。

 

発汗を命令する交感神経がつよく反応しすることによって、頭部という多くの方に認知されやすい場所ということも相まって
さらに人の目をきにして、精神性発汗につながるということが考えられるそうです。

 

他の部分の多汗症には塩化アルミニウム外用制汗剤を使うという方法がおすすめされたりするのですが、頭皮というものは
そういった刺激によってかぶれたりする反応が出やすいと言われています。

 

こういった多汗症の場合は医師や薬剤師さんにアドバイスをもらったほうがいい場合もあるので、気になる方は連絡をとってみてはいかがでしょうか。