MENU

汗を制することが頭皮環境の清潔につながる

頭皮には皮脂の混じった汗があり、塩分を含んでいるのでかゆみの原因ともなります。
帽子やヘルメットをよくかぶる方は頭皮が蒸れやすいので、汗が乾燥しにくくなります。
かつらを装着すると薄毛になりやすいと言われますが、これも蒸れが関係しているのです。
毛穴に汚れが詰まってしまうと、簡単には除去できなくなります。
頭皮上にある汚れは比較的簡単に落とせるのですが、毛穴内部に自分の爪が入るわけではありません。
爪で掻き出すことはできないので、シャンプーで内部までしっかりと洗い落とすしかないのです。
頭皮は他の部位よりも皮脂が多いので、より強力なシャンプーが必要となりますが、1日1回の正しい洗髪をしていれば問題はないでしょう。
むしろ1日に何度も洗髪をすると過剰に皮脂を除去することになり、オイリー肌を招くことがあるのです。
皮脂をこまめに除去すれば正常肌になると思うかもしれませんが、過度の乾燥は逆効果となります。
人間の体には自動修正機能が備わっており、乾燥すると大量の皮脂を分泌して潤いを与えようとするのです。
それゆえに、オイリー肌はもちろん乾燥肌、敏感肌なども薄毛を促す原因となります。
頭皮状態が不安定であっても、数日で薄毛に進行することはないでしょうが、数ヶ月、数年と継続すると危険です。

 

頭皮の汗や皮脂を除去するためには、就寝前に洗髪をするのが好ましいでしょう。
頭皮の汚れをすっきりと除去してから眠るのが好ましいので、例えば夜22時に眠る方ならば20〜21時くらいに入浴するのが好ましいです。
入浴後は30分〜1時間くらい置いて、体のほてりを冷ましてから眠るのが好ましいです。
頭皮状態を健康に保つためには、何よりも質のよい睡眠が欠かせません。
夜ふかしが続くと抜け毛が増えますし、髪の毛が細くなっていきます。
女性は男性と比べて薄毛になりにくいですが、夜ふかしや喫煙の習慣があると若くして髪のボリュームがなくなることがあります。
薄毛に一番影響するのはホルモンバランスの乱れや遺伝ですが、それに続いて生活習慣の乱れも大きく影響しています。
就寝中は頭皮のターンオーバーが活性化するので、このタイミングには頭皮から汗や皮脂などを完全に除去しておく必要があります。
汚れは時間が経過すると毛穴に詰まって固まり、簡単には除去できなくなります。
ロウソク状態になると通常のシャンプーで落とすのは難しいので、定期的にクレンジングを使用して汚れを除去していきましょう。