MENU

頭皮の湿疹、放置していませんか?

頭皮がかゆい、赤みがでてしまった、ブツブツとしたものができていると感じたら、湿疹ができている可能性があります。
生活習慣が乱れていたり、また食生活で偏りのある食事、栄養不足などの場合には、肌などにも影響がでてしまうため、生活習慣の見直しから始めましょう。
ホルモンバランスが乱れることで、皮脂の分泌量が増加し、毛穴を詰まらせると、そこから炎症などを起こしたり、肌荒れの原因になることがあります。また、頭皮環境が不衛生の状態、汗をかいた状態が長時間続いたりすると、雑菌が繁殖し、湿疹などの原因になることもあるでしょう。その他にも、頭皮に対して外部からの刺激などによっても、湿疹などができる場合があります。
たとえば、洗髪時のシャンプー剤などが、自分の肌に合っていない場合などです。肌質は加齢に伴い状態が変化してくることもあります。若い時期では、特に問題なく使えていたシャンプー剤でも、徐々に自分の肌質に合わなくなってくることも考えられます。そのため、かぶれや湿疹、赤みやかゆみなどの症状が出た場合には、今使っているシャンプー剤よりも刺激の少ない肌にやさしいタイプのものに切り替えるようにするといいでしょう。
また、その他にもファッションとして髪形をいじるために整髪料や、カラーリング剤などを使う方もいるでしょう。そのようなものを使う場合には、アレルギー反応などを起こすことも考えられます。頭皮に対してなんらかの違和感や異常が出た場合には、使用を控えるようにすることも大切です。無理に使ってしまうと、肌が荒れる原因になるので、自分の肌質などを把握して、自分の肌質にあったものを使用するように心がけることが大切です。
また、頭皮や自分の肌が荒れないようにするためには、生活習慣をきちんと健康的な生活が送れるように、規則正しい生活を送ることも大切です。不規則な生活は自身の健康を損なうだけでなく、肌荒れや体にとってさまざまな不調の原因につながることもあります。また、運動を適度に行い代謝機能、血流などを改善していくことも大切です。
その他にも、食生活でもしっかりと体に栄養が補えるような食生活を心がけ、体が不調にならないように、また、肌をきれいに保てるような食生活をすることも大切です。
湿疹などができてしまう場合には、なんらかの原因があると考え、その原因を把握してしっかりと対策をすることが大切です。自分の生活を振り返り、肌荒れの原因を探ることが大切です。

 

ある調査によると日本人の6人に1人が頭皮の湿疹に悩んでると言われていますこの湿疹は頭皮が痒くなるだけではなく炎症が起こり赤みができまた整髪料やシャンプーなどが 肌にシミ同時にカサカサとしたフケが出てしまい 日常生活に影響を与えてしまうという方もおられるくらいなんです。
これらのケア方法としては皮膚科などに処方される薬を使って対処する方法や シャンプーやトリートメントなどをオーガニック製品に変える 頭皮への悪影響を少なくする汗をかいたら適度に拭くことを意識するなどといった方法がメインになります。
このような頭皮の湿疹を患っているとすぐに薬やその対策商品でケアすることを考えてしまうのですがまずは出来る範囲で 症状を抑えていくことが大事になって行きます。
整髪料やシャンプーの銘柄を変えると言ったことはもちろん紫外線を対策していく汗をなるべくかかないようにする 汗をかいたとしてもすぐに吹くようにすると言ったことは誰でもできることなのでそういったことを常に意識することから始めた方がいいと思います。
現代社会は特にストレスが多いと言われているので 頭皮に影響を与えるようなものは なるべく考えるように見直していきたいと思います。