MENU

頭皮にやさしい市販の白髪染め

年齢とともに気になる白髪は、市販の白髪染めで手軽に美しくおしゃれな髪色に染めることができます。
白髪は、個人差がありますが40歳前後から急激に増え始める方が多い症状で、そのままにしておくと何となく老けて見えることから、身だしなみとして多くの方が白髪染めを行っています。
方法としては、ヘアサロンで染めてもらう方法と、自宅で市販の白髪染めを利用してセルフカラーリングを行う方法があります。
どちらにもメリットがあり、ヘアサロンで染毛する場合は、髪にダメージを与えにくい薬剤を使って、比較的明るい髪色にも染めることができます。
又、髪が傷んでいる方はダメージのより少ない天然成分からできた染毛剤を選択することで、むらなくきれいにカラーリングすることができます。
ヘアサロンで髪を染める最大のメリットは、プロの技術によりむらなく染めることができるため、仕上がりが綺麗という点が挙げられます。
しかし、その分費用は高めになります。
セルフカラーリングは、一回分数百円から1000円前後で購入できる市販の白髪染めを購入して行うことができます。
セルフカラーリングのメリットは、何といってもその価格の安さにあります。
サロンで染める半額以下で白髪染めを行うことができますので、頻繁に染めて根元が目立ってくるのを防ぎたい方のリタッチなどにも最適です。
市販の白髪染めは、以前ではダークカラーのタイプが中心でしたが、最近では明るめの色に染められる染毛剤やつんとした臭いがしないタイプ、染め残しは保管して置けるタイプ、泡で染められるタイプなど、ユーザーが利用しやすいよう工夫された商品が目立ちます。
以前のように、いかにも白髪染めで染めたというイメージにならない染毛剤も多く、一見おしゃれ染めと見分けがつかないくらいつややかできれいに染められる商品もあります。
市販の白髪染めで人気のタイプは、髪が傷みにくく液だれしにくい商品といわれています。
頻繁に髪を染めると髪が傷んでしまいますが、低刺激で髪のダメージを最小限に防ぐことができる商品は各メーカーから販売されています。
多くの方は市販の白髪染めを利用して自分で髪の毛を染めるため、液だれしにくいタイプも人気があります。
泡を揉みこむだけで簡単に染まるタイプは、セルフカラー初心者でも比較的失敗が少ないため、口コミサイトでも話題です。
ショートヘアや根元のリタッチ用には、残った液を保存できるタイプが便利です。