MENU

シャンプーも頭皮にダメージを与えるものがある?

元々の性質にもよりますが、頭皮は青白い色が正常なものとされ、青白い色を保つことができていれば、
環境は整えられていると考えられます。

 

しかし、元々の色が青白かった人の頭皮が突然に赤みを増した場合、
環境に異常が発生している可能性が考えられ、その状態を放置することでふけやかゆみ、
薄毛などの症状が引き起こされる危険性があるため、注意が必要になります。

 

頭皮に赤みがさし、かゆみやふけなどが見られるようになった際には、
使用しているシャンプーが原因である可能性が考えられます。

 

シャンプーは頻繁に行うものであり、そのシャンプーの使用法が間違っている、
選択が間違っている、といった場合は頭皮へのダメージが蓄積されることが考えられるため、
自身に適した商品を選択する、正しい使用法を確認することが肝要になります。

 

シャンプーが頭皮にダメージを与える要因として最も考えられるのが、
自身に適していないシャンプーを選択している、といった場合になります。

 

一般的にアミノ酸系のものは洗浄力があまり強くない商品が多いとされ、頭皮に優しいとされていますが、
万人に適しているわけではなく、なかにはアミノ酸系のものであっても適しない可能性も考えられます。
そのために値段の高いものであってむやみに信頼するのではなく、使用中の頭皮の状態を確認し、
自身に適した商品であるかを見極めることが肝要になります。

 

そして注意が必要となるのが、高級アルコール系と呼ばれる商品になります。

 

一般的に流通している、比較的安価な商品に多いのが高級アルコール系のものであり、
アミノ酸系に比べ、洗浄力が強いものが多いとされています。
そのため、使用を続けることで頭皮の免疫力が落ち、環境を整える常在菌が死滅し、
赤みやふけ、かゆみが表れる可能性が考えられるため、症状が見られた際には使用を断念し、
商品の交換を検討することも必要になります。

 

そして自身に適した商品であっても、その使用法、また頭皮の洗浄方法が間違っている場合にも、
かゆみや赤みが見られるようになる可能性があります。
爪を立て、力をいれ擦る洗浄方法を行っている場合、頭皮に傷がつく危険性があり、
傷がつくことで炎症が起きる危険性があります。炎症が起きることでふけやかゆみ、
髪の毛の脱毛が見られる場合があるため、洗浄する時には力を抜き、
指の腹を使用して洗うことが、適した方法とされています。

 

最近のオーガニックシャンプーやボタニカルシャンプーだと頭皮にやさしいというイメージがあるのではないでしょうか。

無添加シャンプーの注意点

無添加って言葉が最近一人歩きをしていることをご存知でしょうか。
無添加の意味を聞くと体によさそうとか、害のあるものが添加されていないとかすごく曖昧なイメージを持つ方が多く、
正しい意味ではなかなか認識されていないのです!

 

そもそも無添加というのは、1980年に昔の厚生省が体に多少なりとも悪影響を与える成分として103種類を制定しました。
この成分を配合していないものを、現在は無添加という言い方で表現しているんです。

 

はい、1980年なので40年近くも昔に指定された成分です。
無添加やオーガニック、ボタニカルなど最近になって自然派や安心などの表現でよく見かける表現も
実は結構曖昧な表現でもあるんです。
もちろん完全に否定しているわけではなく、いいものも確かにあります!

 

また原液を直接つけることも環境を悪化させるとされているため、水で泡立てて使用することが、正常な環境を保つうえで肝要なものとなります。