MENU

頭皮をしっかりと乾かさないと雑菌が・・・

頭皮の健康のために生乾きはよくありません。生乾きにしておくと雑菌が繁殖しやすくなりますし、頭皮も冷えて血行が悪くなります。雑菌が繁殖しやすくなれば臭いの原因にもなりますし、炎症などのトラブルの原因になります。
自然乾燥をするほうが髪を傷めないと思っている方は危険です。髪を乾かすためにはドライヤーを使って手早く乾かしたほうが賢明です。濡れたままにしておくとキューティクルは開きっぱなしの状態になります。それにより、髪がパサついてしまう原因になります。
髪は乾きにくいですから、自然乾燥の状態では乾くまでに時間がかかります。就寝前に髪を洗い、湿った状態で寝てしまうと雑菌は寝ている間に繁殖します。頭皮で雑菌が繁殖すると毛穴の中で炎症が起きるなどのトラブルに繋がるため、それが抜け毛やフケといったトラブルの原因になります。せっかく洗髪しても、雑菌が繁殖すれば臭いも出やすくなります。
水分は蒸発するときに熱を奪っていきます。それにより、頭皮の血行も悪くなります。血行は髪を健康に育てるために重要です。髪のための栄養は血液に乗って運ばれるからです。血行が悪くなれば、栄養がスムーズに届かなくなります。それにより薄毛などのトラブルにも繋がってしまいます。
髪や頭皮の健康を守りたいのであれば、自然乾燥ではなく、ドライヤーも適度に使って乾かすほうが安心です。
もちろん、ドライヤーのあてすぎも髪や頭皮によくありません。正しい使い方をしないと髪を傷める原因になります。正しい使い方で乾かしましょう。
濡れた髪にいきなりドライヤーをあてるのは間違いです。まずはタオルドライでなるべく水分をとりましょう。このとき、タオルでこすったりしてはいけません。濡れた状態の髪は傷つきやすいため、こすってしまうとキューティクルがはがれてしまいます。水分をタオルに吸い込ませるように優しく拭きましょう。
ドライヤーをあてるときには、強風を使って手早く乾かしましょう。同じ場所に熱風が当たり続けると傷む原因になりますので、ドライヤーは細かく動かしてあてましょう。
髪がある程度乾いたら、冷風に切り替えて全体にあてます。全体に冷風をあてたら、キチンと髪が乾いているか確認しましょう。まだ濡れているようであれば、またドライヤーをあてて乾かします。
必要以上にドライヤーを敬遠される方もいらっしゃいますが、髪や頭皮のためには生乾きはよくありません。ドライヤーを高機能なものに変えるなどの対策もありますので、心配なら検討してみるとよいです。