MENU

毛穴とクレンジングはお肌のために考えてあげて!

クレンジングとは、普通の洗顔とは異なり、主にはメイクを落とすことが目的の洗顔と言う理解ができます。
毎日の化粧を落とすためといっても当たり前のようにクレンジングされている場合、
成分やコストにあまり関心がない方も少なくないかもしれませんね。

 

実は毛穴とこれの間には、とても高い関係があります。
毛穴に関する悩みがこれによって改善することもあれば、逆に酷くなることもあるくらいです。

 

その原因として、まずは毛穴悩みの原因のひとつに、
メイク汚れの残りが挙げられるためです。
メイクには油分が含まれています。ですからその汚れが残っていると、
空気に触れ酸化して、結果として毛穴の黒ずみになってしまうこともあるためです。
ですから日々のクレンジングで、メイクをしっかりと落とすことは非常に重要です。

 

しかし半面、これにはメイクを落とすための成分、肌への負担も大きい成分が含まれていることも多くあります。

 

そのため肌の乾燥を招き、それが毛穴の目立ちを進行させることも考えられます。
ちなみに肌への負担と言う点で考えると、クレンジングの種類を吟味すると言うのもひとつの方法です。
たとえばミルクタイプ、クリームタイプはメイクに馴染ませるまでに時間は要しますが、
馴染ませてから落とすので肌への負担を軽減させることができます。
一方でシートタイプやジェルタイプは、アルコール成分が含まれているものも多いため、
肌への負担が大きくなりがちです。

 

またオイルタイプは、メイクを素早く落とすことには適していますが、
これはそれだけ強い成分が含まれていると言うことのあらわれでもあります。
ですから日常使いには避けた方が無難です。
ローションタイプは、結局はコットンに染み込ませ、
それでメイクを拭き取ると言う使用方法なので、肌への摩擦負担がかかりやすいです。

 

また肌への負担が少ないものでも、やはりその成分のことを考えると、
いつまでも肌の上にのせておかないことが求められます。
しかしそれではメイクがしっかりと落ちるか心配と言う方は、
クレンジングを行う前にホットタオルを顔にのせておくと良いです。
こうすると毛穴が開き、またメイクもふやかされるので、メイク汚れが短時間で済みます。

 

また普通の洗顔と同じように、ごしごしと肌を擦ると言うのも避けて下さい。
力の入りにくい中指、薬指、小指でくるくると円を描くようにして洗うのが基本です。

 

毎日のことですから、こうした注意点をおろそかにしていると
肌摩擦による弾力低下、メラニン色素の過剰放出による毛穴な悩みが発生、
進行してしまうことが考えられます。
クレンジング成分をメイク汚れと共にしっかりと落とした後には、
保湿をすることも重要です。また肌のことを考えるのであれば、メイクをしない日を作ることも必要です。