MENU

頭皮が硬くなっている場合は要注意

本来、人間の頭皮は弾力があり柔らかく、指で頭皮を押したり動かしてみると
少しは動くものです。
しかし指で動かしてみても全く動かない場合には
それが薄毛や抜け毛の始まりになるかもしれません。

 

頭皮が柔らかく柔軟性があると毛穴の開閉がスムーズに行えるため、
毛穴の奥の老廃物や皮脂を綺麗に洗い流すことができやすい状態になります。

 

しかし動かないほど硬くなってしまっている場合には毛穴の汚れが残ってしまうため、
炎症や細菌の増殖の原因となってしまうことがあります。
さらに頭皮に張り巡らされている毛細血管の収縮が
スムーズにできなくなってしまうため、血行が悪くなってしまいます。

 

血液は髪の毛を作るための栄養分を髪を毛乳頭細胞へ運ぶための
重要なものですが、その流れが悪くなってしまえば
当然髪の毛を作る元となる栄養分が不足してしまいます。

 

そうなれば健康な髪が育ちにくくなり、薄毛や抜け毛の原因となってしまうのです。

 

頭皮は他の部分の皮膚と違い、厚くて強いゴムのような状態になっています。
皮下脂肪もありますが他の部位のように増えることがなく筋肉もありません。
組織が強く結合しているので他の皮膚のように摘み上げることはほとんどできません。

 

そのため「どのくらいの状態が動かないということになるのかわからない」と
思ってしまうのですが、額を指で動かしてみて、
その後に頭皮を触ってみて同じような柔らかさなら問題が無い状態だと言われています。

 

しかし直接頭蓋骨を触っているような硬さを感じる場合には
頭皮が硬くなってしまっている状態のため、
抜け毛や薄毛予防のために改善を行った方が良いでしょう。

 

自分でできる改善法として、頭皮のマッサージを行うことです。

 

頭皮マッサージの効果

頭皮は通常は適度な柔らかさを保っているのですが、
血行が悪くなると少しもんだくらいでは動かないほど固まってしまいます。
これは頭皮のコリともいえる状態にあります。

 

肩や腰などと同じように凝り固まっている状態は血液の流れも悪く、
髪の毛や髪が生えてくる毛根まで栄養が十分に行き届かない状態にあるんです。

 

 

爪を立てずに指の腹でマッサージするようにします。
1日で柔らかくすることは難しいため、継続して行うことが重要です。
無理矢理力を入れてマッサージを行うと逆に頭皮に傷をつけてしまう可能性があるので、
少しずつほぐしていくような気持ちで行うようにしましょう。
シャンプーの時や育毛剤を付けた時など、潤いがある状態で行うことで
頭皮に摩擦を起こしたり傷をつける可能性が少なくなります。
また、無理矢理にマッサージをやりすぎると柔らかくなりすぎてしまうことがありますが、
その場合には毛細血管が切れてしまっている可能性があります。
そうなってしまっては逆に血行が悪くなってしまい薄毛や抜け毛が促進してしまう可能性があるので、やりすぎは禁物です。