MENU

新しいカラーリング?イルミナカラー

髪の毛の色を変えるとき、あなたは美容室やサロンでプロのスタイリストさんにお願いしますか?
それとも市販のカラーリング剤を購入して自分で染めますか?

 

おしゃれとか気分転換に髪の色を変えるというのは、年齢に関係なくテンションが上がりますよね。
ヘアカラーというのも、実は大きく分けると3種類あって、ブリーチ剤、ヘアマニキュア、ヘアカラーに分類されます。

 

そんなカラーリングに新しいものが登場して話題になっています。
その名もイルミナカラー。

 

まずは従来のヘアカラーがどんなものなのかをみていき、そのあと新しいカラーリングのイルミナカラーを見ていき比べてみましょう。

 

ヘアカラーの種類と特徴

先ほども軽く説明したように、カラーリングには3種類のタイプがあります。
それぞれ用途や特徴が異なるので、それぞれで見ていきましょう。

 

ブリーチ

ブリーチは脱色剤とも言われており、髪の毛の内部のメラニン色素を脱色させ色を明るくさせる働きをします。
ブリーチ自体は医薬部外品で、髪の色を染めるという効果はなく、色素を脱色させ色が変わったと認識する形になります。

 

 

ヘアカラー

ヘアカラーはブリーチと同じように医薬部外品に分類され、永久染毛剤とも呼ばれたりします。
効果の持続性としては、個人差はあるものの、2〜3ヶ月はもち、キューティクルの内部にあるコルテックスといわれている部分に染料が入り込み、しっかりと染めてくれます。
ヘアカラーは事前にパッチテストの必要性があり、目立たないところでかぶれないかなどを確認してから使うようにされています。

 

ヘアマニキュア

ヘアマニキュアというのは、半永久染毛剤とも言われて、ほかの2種類が医薬部外品になっているのに対して、化粧品という分類なんですね。
また髪の毛の外側にあるキューティクルと、内部のコルテックスの外側に対して、染料を届けるという働きをします。
効果の持続に関しては約3週間くらいだと言われています。

 

その他

分類というのは上記の3種類になるのですが、カラートリートメントも髪の毛の色を染めるという意味においては、ここに分類されてもいいでしょう。
カラートリートメントは徐染性染毛料ともいわれ、染料が髪の毛の表面部分を中心としたキューティクルにしみこみます。
そして髪の毛に対してトリートメントの役割のうるおいやツヤなどを与える効果もあるんですね。

 

イルミナカラーってどんなもの?

ここまでのところで、カラーリングには様々な種類のものが存在する♪いう事がわかったと思います。

 

イルミナカラーは大きく分けて2つの特徴があります。
ひとつは髪の毛や頭皮へのダメージが従来のカラーリング剤よりも少ないというポイント。
もうひとつは、カラーリングで重要になる色、発色がいいと言われています。
海外の方のような透明感のある色合いが再現できると話題になっているんです。