MENU

コンディショナーが頭皮に悪い?

年々、年を重ねるごとに、頭の髪のボリュームは気になるところです。
当然、髪のボリュームに大きく関係しているのは、頭皮のケアであることは、疑いの余地もありません。

 

 市販のコンディショナーは、保湿成分があり、頭皮の保湿に有効と思いがちですが、
化学成分が含まれているものが多く、皮膚にアレルギーを起こしてしまう可能性もありますので、注意が必要です。
その点、椿油を使用すれば椿油は天然の成分である為、皮膚にも優しく保湿作用もある為、
アレルギーのリスクなしに保湿作用を得ることが出来ます。
また、椿油の主成分は、オレイン酸という酸化し難い脂肪酸である為、皮膚のトラブルも避けることが出来ます。

 

 頭皮のケアで一番大切なのは、毛穴に詰まった汚れですが、この汚れは皮脂を含んだ油成分であることが殆どです。
この油成分を有効に取り除く為には、同じ油成分であり、しかも、皮膚にアレルギー作用のリスクの無い、
自然成分の椿油を使用することが非常に有効です。
せっかく、頭皮を綺麗に洗っても、自分の皮膚に合わない皮膚にアレルギー反応がおきるコンディショナーを使用してしまうと、
炎症や、過剰な角質が生み出され毛穴を詰まらせてしまう原因になります。

 

 一番大切なことは、自然の成分を使用するということ、そして有効に毛穴なの汚れを取り除くということです。
椿油は、脂分であるので、水に溶けにくい皮脂も椿油によって溶かし出すことが出来ます。

 

 椿油を使用して、皮脂を有効に取り除く方法としては、入浴前に軽く椿油を手のひらに伸ばし頭の皮膚を
マッサージするように伸ばしておき、頭にタオルを巻いて入浴することです。
こうすることで、皮膚の毛穴が開き、脂分に毛穴の汚れの皮脂が溶け出しやすくなります。

 

そして、軽くシャンプーを2回ほど行い、汚れを取り除きます。
こうして、皮膚の保湿を保ち、ケアなの汚れを有効に取り除くことが出来ます。

 

 そして、入浴後、頭皮と髪を良く乾かし、豚毛を使用したブラシを使って頭の皮膚をマッサージします。
ここで注意しなければならないことは、過剰に力を入れてマッサージを使用しすぎないようにすることです。
頭皮を傷つけ、余計に炎症を起さないように、皮膚がややちくりとする程度のマッサージを頭全体に2〜3回程度優しく行うことが大切です。

 

そうすることで、適度な刺激を毛根のある毛穴に与えることが出来ます。
椿油を使用することで、化学製品であるコンディショナーを使用せず、アレルギー反応を避け毛穴の汚れを落とし、
保湿成分を有効に保つことで、髪の毛の発毛をより効果的に行うことが出来ます。