MENU

血行促進が薄毛対策に

抜け毛・薄毛などのトラブルは、頭皮の血行不良によって引き起こされることが多いです。
これを解消していくためには、頭皮の血行促進をして毛根を元気にすることです。
血液とはそもそも栄養を運搬する役割があり、血行に問題が生じると毛根に栄養がうまく運ばれません。
この状態が長く続いてしまうと抜け毛が増えますし、髪の毛が全体的に細くなってくるのです。
髪を元気にするには順番があり、いきなり育毛成分だけを補給してもあまり効果的とは言えません。
正しい順番はシャンプーでしっかりと汚れを落として毛穴を清潔にしつつ、その上で頭皮マッサージをしていくのです。
育毛剤を使用するならば、ドライヤーで髪を乾燥させたあとがよいでしょう。
育毛剤とマッサージを併用すると、より効果的に血行促進が可能となります。
抜け毛が減少してきたら、頭皮が改善している証拠だと考えていいでしょう。

 

帽子やヘルメットを着用する機会の多い方は、薄毛になりやすいので注意が必要です。
蒸れによって毛穴に皮脂が溜まりやすくなりますし、汗や雑菌によって抜け毛を促進することもあります。
シャンプー後に頭皮を触ってみて硬いと感じたら、十分にマッサージしてあげる必要があります。
1日3分を目安にマッサージすると効果的ですが、時間のない方は1〜2分でも大丈夫です。
毎日継続している以上は、血行不良を防ぐことができるでしょう。
マッサージはまったくお金をかけずに抜け毛を減少できる方法であり、薄毛対策の中で一番コスパがよいのです。
ただし、ある程度薄毛の症状が進行していると効果を感じにくいので、
その場合は育毛剤を使用してからマッサージをしていきましょう。
マッサージにより育毛剤がより浸透しやすくなり、毛根を元気にして髪のコシを復活させます。

 

年齢を重ねると髪が寝てくると感じる方が多いでしょうが、これは髪質が弱くなってくることが一番の原因です。
特に中年世代になると目立ってくる症状なので、育毛シャンプーと育毛剤、頭皮マッサージでケアをしていきましょう。
薄毛対策は早く行うほど効果が高くなるので、少しでも抜け毛が増えたと感じたらケアを考えるべきです。
薄いような気がするけど気のせいだとケアから逃げてしまう方もいますが、
気のせいだと感じたらすでに薄毛が始まっていると考えていいでしょう。
毎日見ている髪の毛だからこそ、気のせいはありえないのです。
抜け毛が減ってきたら、頭皮を清潔にして血行促進するケアが必要なのです。