MENU

頭皮のアトピー性皮膚炎対策

アトピー性皮膚炎の人の肌は、そうでない人に比べて乾燥しやすいという特徴があります。
これは、皮膚を乾燥などから守るいわゆる「バリア機能」が低下しているためです。
バリア機能が低下すると、外部からの刺激に弱くなり、肌の水分を失いやすくなるため、乾燥を中心とした肌トラブルが起きやすい状態になってしまいます。
ですから、アトピー性皮膚炎の方のスキンケアではまず、しっかりと保湿をし、バリア機能を保護することが重要です。
これは全身の皮膚で同じことが言えて、頭皮もおんなじなんですね。

 

保湿のためのスキンケアをする際のポイントですが、まず、爪は短く切っておきましょう。
かゆみに耐えられずかいてしまった場合の肌のダメージを最小限に抑えるためです。
そして、ケアする際にはとにかくやさしく、皮膚に刺激を与えないよう意識するようにしてください。

 

アトピー性皮膚炎の人の肌は、角質層のセラミドが不足した状態になっています。
セラミドは脂質の一種で、水と結びつきやすい性質を持っていて、肌のうるおいを保つとともに、外部刺激から肌を守るバリア機能があるため、これが不足すると肌の表面は乾燥してカサつき、トラブルが起きやすくなってしまうのです。
ですから、セラミド不足を補うために、アトピー性皮膚炎の人はスキンケアの際に保湿剤を上手く利用し、きっちり保湿ケアをすることが大切です。
病院で保湿剤を処方してもらう以外にも、応急的なケアとしては市販品でもセラミドを配合した保湿剤がありますし、基礎化粧品などにもセラミドは配合されています。
また、セラミドでなくても、尿素やヘパリン類似物質などの保湿成分の入ったもの、ワセリン(特に敏感になっているアトピー性皮膚炎の肌にはワセリンを精製したプロペトがおすすめです)などの油分で表面を保護してバリア機能を高めてくれるものなどさまざまな種類があります。

 

使用感も、さらっと馴染むローション状のものから、しっかり重めのクリーム状のものまでさまざまです。
ローションタイプのものは持ちはあまり良くないですが、つけ心地が軽いので全身の保湿として朝用や持ち歩き用に、クリームタイプのものは持ちが良いのでお風呂上りや就寝前、また日中でも乾燥の特にひどい個所の集中ケアにオススメです。
使うタイミングや好みによって、異なる保湿剤を使い分けするのがおすすめです。
また、保湿剤はこまめに、たっぷり塗るのが重要です。

 

頭皮の場合は保湿といっても間違ったスキンケア選びをしてしまうと毛穴に汚れがたまってフケの原因にもなります。

 

日頃のこまめな保湿ケアで弱った肌のバリア機能を回復させることによってアトピー性皮膚炎による肌トラブルも最小限におさえることができます。
乾燥が気になったらすぐ保湿、を忘れずに行うようにしましょう。