MENU

アトピーなどが頭皮に現れると注意が必要

アトピーがあると、頭皮が痒くなることがあります。痒みには個人差がありますが、強いかゆみを感じることが多くて、うっかり掻きむしってしまう人もいます。
掻き毟ると、さらに頭皮の痒みが強くなって、引っ掻くのをやめられなくなる悪循環に陥ってしまいます。

 

頭皮がアトピーなどのかゆみでかゆくなるというのは、経験している方でないと
わからないストレスで、その影響でフケが大量に出てくると、他人の目も気になったりと
深刻な悩みになったりもするんです。

 

頭皮のアトピーの症状は、通常の炎症ではなくアトピーの症状で皮膚が薄くなっている状態で
かきむしってしまうために、フケが出やすいともいえます。

 

アトピーのある人の頭皮が痒くなるのは、細菌が原因になることもあります。
頭皮は皮膚と異なって皮脂が溜まりやすい環境になっています。
皮脂腺が発達しているので皮脂が増加しやすいのです。皮脂が増加すると、
細菌も増えるようになります。その細菌が痒みを増幅させます。
アトピーのある方が頭皮の痒みを少なくするには、保湿を心がけることがまず大切です。
保湿成分が入ったシャンプーやリンスを使うようにしましょう。
ただし、刺激の強いものはやめた方が良いでしょう。

 

アトピーのある方の頭皮は非常に敏感になっています。敏感になっている状態の時に、
刺激の強いシャンプーやリンスを使うと、痒みが逆に強まってしまうことがあります。
できるだけ天然成分のみが配合されたシャンプーやリンスを使いましょう。
アトピーの方はひどいフケを減らすために、フケ専用のシャンプーを使うことがあります。
フケ専用のシャンプーの中には殺菌作用のある物質が含まれています。

 

菌を殺すのには役立つのですが、刺激が強すぎることがあるので、フケ専用のシャンプーは避けた方が良いです。

 

シャンプーやリンスを使う以外に、保湿作用のあるものを頭皮に塗る方法もあります。
椿油には保湿作用があることが知られています。また痒みを少なくする力もあります。
椿油は椿の種子から作られるもので、他の成分は含まれていません。

 

言い換えると、天然成分100%なので、頭皮に優しい保湿剤として使うことができます。

 

髪の毛の洗い方にも注意する必要があります。髪の毛を洗いすぎると皮脂を減少させる原因になります。
皮脂は痒みの原因にもなるのですが、少なくなりすぎると頭皮が乾燥して、
痒みの原因になります。洗髪は1日1回で十分です。
40歳を超えたら、2日に1回程度にしましょう。シャンプーが残ると、
それが痒みの原因になることがあるので注意しましょう。シャンプーをしたら、
シャワーでよく洗い流すようにします。リンスには頭皮への刺激になる物質が含まれていることがあります。地肌には直接つけない方が良いでしょう。
痒みがひどい場合は、ステロイドが入った薬品を塗る人がいます。過度に塗るとかえって痒みがひどくなることがあるので、注意が必要です。

 

シャンプーを選ぶ際に注意すべきなのは、肌のバリア機能がしっかりと壊されずに
改善するものを選ぶこと。

 

皮脂や汚れでフケになる通常の状態ではなくアトピーだからこその原因があるため、
そこにポイントを置いて商品選びをするべきなんですね。

 

アトピー対策のシャンプーについて

アトピーによって頭皮に湿疹等ができている場合は特にシャンプーなどにも注意を払いたいところです。
ではどういった成分などに注意を払うべきなのか具体的に見ていきましょう。

 

大きく分類するとアトピーの場合は、シャンプーに含まれている界面活性剤に気をつけなければなりません。
界面活性剤はシャンプーや洗剤など多くの商品に入っている成分で、
通常は混ざり合わない水と油のような性質の異なるものを混ぜることができるようにするために
配合されています。
この性質を使って汚れや皮脂などの油を落とす用途として界面活性剤が使われているのですが、
アトピーなどの敏感肌の場合は、界面活性剤の中には肌に対して刺激が強すぎるものがあるんです。

 

必要最低限の界面活性剤はいいけれど、そういった刺激の強すぎる成分は避けたいところ。

 

成分の名前なんてよく見ないよ!って人は多いかもしれませんが、界面活性剤である「ラウレス硫酸Na」と「ラウリル硫酸Na」は
アトピー性皮膚炎の方は注意しなくてはならない界面活性剤の一つなんです!